Kosuge Masashi WebSite
津市を“東海一の文教都市”に、誰もがこころ豊かに気持ちよく暮らせるまちをめざします。

本会議での質問 (H18.12~H21.9)

本会議質問ならびに委員会質問【平成18年度】
【平成18年12月】 本会議 会派代表質問
- 議案質疑

議案第238号 平成18年度津市一般会計補正予算(第4号)歳出 商工費 商工業振興費
1 小規模事業資金融資保証料補給補助金について

- 一般質問

1 「元気な津市づくり」について

  1. (1)現在行われている職員提案の「元気づくり事業」、現在募集中の市民提案の「元気づくりプラン」「元気づくり活動」、そして19年度にむけて各部局、各総合支所等に募集した「平成19年度元気づくり事業」のそれぞれの役割と各事業の連携は
  2. (2)事業の先にある未来像とは、なにを目指しているのか

2 まちづくりの基本となる市民と行政の「協働」について

  1. (1)行政からみた市民との「協働」とは何か
  2. (2)市民から見た行政との「協働」とはどのようなものと考えているか
  3. (3)職員一人ひとりが市民との「協働」という認識をもっているか
  4. (4)総合計画策定に、地域との「協働」というプロセスを
  5. (5)市民も行政も「協働」という共通の認識をもつために、自治基本条例の制定を急ぐべきではないか

3 「まちづくり三法」の改正を受けて、津市としてのまちづくりの考え方は

  1. (1)津市の中心市街地の考え方は
  2. (2)津市全体のまちづくりの考え方は

4 文化の視点をもった人づくり・まちづくりについて

  1. (1)小中学校における文化・芸術を志向する子どもたちへの取り組みは
  2. (2)三重短期大学の新市における役割とは。また、新たな取り組みの可能性は
  3. (3)文化施設の積極的な活用策は
  4. (4)津市の具体的な文化施策とは
  5. (5)新しい文化振興基本計画の取り組みと考え方は
  6. (6)「総合政策としての文化政策」について

5 元気な津市のために

  1. (1)市民との協働による「津フィルムコミッション(仮称)」の設立を
  2. (2)「津市コンベンション事業推進補助金(仮称)」の創設を
  3. (3)平成20年に迎える「高虎公入府400年事業」について

6 教育行政について

  1. (1)文部科学省のいじめの定義について、津市の見解は
  2. (2)津市におけるいじめの現状は
  3. (3)津市のいじめ問題への取り組みと対策は
  4. (4)中学校の書写の未履修問題について
  5. (5)「読み・書き・計算」徹底の取り組みは
  6. (6)「早寝・早起き・朝ごはん」子どもの健全な生活習慣について
  7. (7)小中一貫・連携教育についての取り組み状況は
  8. (8)合併協議の課題である「中学校給食」についての検討状況は
  9. (9)12月で辞職される教育長に、8年にわたる教育再生への取り組みの評価と、次代の津市を担う子どもたちへのメッセージを

【平成18年12月】 教育厚生委員会質問
- 所管に対する一般質問

1 文化の視点をもった人づくり・まちづくりについて

  1. (1)文化施設を地域の文化拠点に
  2. (2)三重短期大学に芸術・文化の視点を
  3. (3)総合政策としての文化行政を
  4. (4)「文化」都市宣言の制定を

2 「高虎公入府400年事業」について

  1. (1)教育委員会、三重短期大学の積極的な取り組みを

このページの上へ